おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

生活

定年退職のお餞別のお返しは必要? お返しはなにを?

投稿日:2017年9月4日 更新日:

teinentaishoku

先日主人が、定年退職した時に、「お餞別」をいただきました。

「お餞別」をいただくなんてこと思ってもいなかったのでどうしたものかなと・・・。

会社からいただたものは、お返しはいらないにしても、あとはお返しとかどうするかな?

と疑問に思い、ちょっと周りの人に聞いたり、調べてみました。

スポンサーリンク
  

定年退職のお餞別のお返しは必要?

いろいろと調べてみました。

退職のお餞別のお返しは、一般的には必要ないと言われています。


元々、餞別は遠くへ旅立つ人の無事を祈って、

その人が向かう方向へ馬の鼻を向けたことが始まりで、餞別の「餞」は訓読みでは「はなむけ」です。

昔の旅はもう二度と会えないことが多く、お礼をできない場合もありましたので

餞別のお返しは必要ありませんでした。


しかし、今ではいただいた好意に感謝してお礼の品を渡すかたもいらっしゃるようです。

そして、職場によっては、お返しが慣習になっている場合もありますので注意が必要です。

定年退職のお餞別のお返しについては、原則、職場の慣習に従うことが無難なようですね。



お返しは不要ですが、退職日より少し経った頃にお礼と近況報告をかねた挨拶の手紙またはハガキを送ります。

スポンサーリンク

お返しの品物 のしや金額

部署のみんなでお金を出し合って「○○部一同」としていただいた時のお返しのギフトは「消え物」が定番です。

個別包装で日持ちのする焼き菓子、コーヒー紅茶やお茶などが喜ばれます。

お菓子を選ぶ場合には、人数分ないというのはマナー違反となってしまいますので、

部署の人数よりゆとりがあり確実に全員に行く届く品物を選んでくださいね。

また、個人的にとてもお世話になったりどうしてもお礼の品をお返ししたいという場合や、

高額なお餞別をいただいて、お礼がしたい場合など

相手が受け取りやすい大げさでない品物を贈るのが良いでしょう。

いつも飲んでるお茶やコーヒー、好きなお菓子、ステーショナリーやハンカチ・ミニタオルなど

お返しののしの水引は紅白蝶結び 表書き「御礼」です。

退職の時に餞別にお返しとしての金額の相場は、頂いたも物の2割から5割程といわれています。

いただいた額と同額またそれ以上のものをお返ししないようにします。

まとめ

定年退職のお餞別に対するお返しは、マナーとしても基本的に必要ないですが、

もらったとき、お返しをするかどうかについては、

職場の慣習や先の退職者がどのようにしたのかを参考に決めるとよさそうです。

うちの場合は、会社に焼き菓子と個人にお礼状を出しました。


最後まで読んでいただいてありがとうごさいます。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

natsubate

夏バテ解消 原因と対処方法 食欲のない時におすすめ食べ物

スポンサーリンク 「今日も暑いですね。」というのが挨拶になるくらい、 まだまだ夏のはじめというのに毎日暑い日が続きますね。 もう、なんとなく体がだるい、食欲がないなど  もう夏バテ気味の人も多いのでは …

siinomi

椎の実の食べ方 椎の実と食べられないドングリの見分け方 

まつぼっくりでクリスマスツリーを作ろうと、 まつぼっくりを拾いに公園に行ったら、思いがけず椎の実を見つけ拾ってきました。 最近は、椎の実を食べる人も少なくなってきましたよね、 椎の実の食べ方、椎の実と …

sakura

桜の花にまつわることば 気候、花の様子、お花見から

桜の花が咲くと、今年も春がきたな〜と感じます。 淡いピンク色の花をみるだけで、心がほっこり。 桜の花にまつわる言葉って、優雅で美しい言葉がたくさんあるんですよ。 そんな言葉を紹介していきますね。 スポ …

suito

水筒のパッキン カビの落とし方 ボトルの中の汚れの落とし方

熱中症予防のためにもマイボトルの意識も高くなって、 水筒を持ち歩いてる人も多いのではないでしょうか。 登下校時の子供たちをみても、ほぼみな持っていますよね。 そんな水筒のパッキンが茶渋でよごれてたり、 …

フリクションボール 消せるボールペン 書けなくなった時の復活方法

フリクションボール、消せるボールペン 私は、よく書き間違えるので普段はこれを使ってるんですが 時々書けなくなるのです。 初めて書けなくなった時には、不良品だと思ったのですが よくよく調べてみたら、 私 …