おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

おでかけ

出雲大社から八重垣神社までの行き方 時間 料金 お得なチケット

投稿日:2017年9月18日 更新日:

yaegakijinja

縁結びのパワースポット出雲大社と松江の八重垣神社に参拝することが多いですよね。

離れていて、直通の公共交通機関がなく不便なこともあり

どうやって行けばいいのか? どう行くと早いのか? 料金は?

2通りの行き方、お得なチケット、2018年1月5日から3月31日まで運行されるえんむすび号を紹介します。

スポンサーリンク
  

出雲市駅からJR利用の場合

出雲大社→JR出雲市駅までは

一畑バス約30分 出雲大社連絡所からJR出雲駅520円、正門前から500円

一畑出雲管内時刻表・運賃表案内

https://www.ichibata.co.jp/bus/rosen/rosen2.html

もしくは、一畑電車で出雲市駅まで行き隣接するJR出雲市駅へ 川跡乗り換えで約20分490円 

一畑電車

https://www.ichibata.co.jp/railway/index.html

出雲市駅→松江駅

JR電車、普通列車約40分580円  特急25分1850円

JR出雲時刻表

http://ekikara.jp/newdata/ekijikoku/2701073/up1_32203011.htm

松江駅→八重垣神社

松江市営バス約16分 250円

松江市営バス 八重垣神社方面への時刻表

http://matsue-bus.jp/wp-content/uploads/2016/03/松江駅→八重垣神社-時刻表.pdf

電車にしてもバスにしても1時間に1本か2本というのが当たり前という土地がらですし

平日土日で、運行時間本数も変わってきますので、乗る日の時刻表の確認は必要です。

スポンサーリンク

出雲大社からしんじ湖温泉まで一畑電車の場合

出雲大社→しんじ湖温泉(松江)

一畑電車で約1時間(川跡で乗り換え便もあり) 810円

「しまねっこ」の全面ラッピングを施した「ご縁電車しまねっこ号」も走ってます。

一畑電車

https://www.ichibata.co.jp/railway/index.html

ichibatadensha

しんじ湖温泉→八重垣神社

松江市営バスで 約36分 360円

松江市営バス しんじ湖温泉から八重垣神社方面への時刻表

http://matsue-bus.jp/wp-content/uploads/2017/04/%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%98%E6%B9%96%E6%B8%A9%E6%B3%89%E9%A7%85-%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%9E%A3%E7%A5%9E%E7%A4%BE-%E6%99%82%E5%88%BB%E8%A1%A8.pdf

松江駅から八重垣神社行きよりも本数が少ないので注意が必要です。

待ち時間がある時には、松江駅を通るバスに乗ってもいいですし

しんじ湖温泉駅前に、足湯(無料)があるので、

のんびりと待つのもいいのではないでしょうか。

asiyu

出雲大社と八重垣神社間のJRと一畑電車、バスの時刻表

島根県のホームページに便利な時刻表がありましたので参考まで

http://www.pref.shimane.lg.jp/kanko/jikokuhyou.data/01_yaegaki.kamosu.pdf

お得なチケット

縁結びパーフェクトチケット

出雲路をめぐる一畑電車・バスが3日間乗り降り自由 大人3,000円

JRには使えませんが、一畑電車、一畑バス、松江市営バス、空港連絡バスに使え

30以上もの施設での入場料割引や商品サービス等を受けることができます。


例えば、飛行機で出雲空港についてバスや一畑電車を使って出雲大社八重垣神社に行く場合

出雲空港から出雲市駅まで   720円

出雲市駅から出雲大社正門   500円

一畑電車で
出雲大社からしんじ湖温泉   810円

しんじ湖温泉から八重垣神社  360円

八重垣神社から松江駅     250円

松江駅から出雲空港      1030円

これで合計3670円になりますので670円のお得になります。

松江市内や出雲の須佐線、米子空港線やほかにもいろいろ使えますので

使えば使うほどお得になりますね。

詳しくは、発券 引き換え窓口なども こちら

https://www.san-in-tabi.net/ticket/enmusubi.html

JR 山陰満喫パス

山陰(鳥取・島根)の自由周遊区間内の特急・普通列車の普通車自由席が2日間乗り降り自由。

大人4,000円

利用開始日の1ヶ月前~1日前までの発売で、

2名以上が同一行程で旅行する場合に利用できます。

発売期間 平成29年9月1日~平成30年3月29日
     乗車日の1ヶ月前から1日前までの発売となります。

利用期間 平成29年10月1日~平成30年3月31日
     平成30年3月30日ご利用開始分まで発売いたします。
     利用期間内の連続する2日間に限り有効です。


たとえば、八重垣神社のあと松江から鳥取砂丘に行く場合などは、

JR松江駅から鳥取までの特急の往復料金が、4420円ですので、これだけでもお得ですし

出雲市駅から松江までもこれを買っておくと特急に乗れて少し時間短縮もできますね。

発売箇所 自由周遊区間内・山口線内の主な駅のみどりの窓口、東萩駅、長門市駅および主な旅行会社
     電話予約http://www.jr-odekake.net/goyoyaku/phone/tokutoku.html

詳しくは http://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=117000712&uniquekey=15e94a9e66b#anchorAbout

2名以上で山陰広く鳥取島根を旅行される時には、特急の自由席に乗れるので、お得になります。

えんむすび号

2018年1月5日から3月31日まで 松江駅、玉造温泉から

八重垣神社、松江城、出雲大社を巡るえんむすび号が運行されます。

乗り継ぐ心配も待ち時間もなく荷物もバスにおいておけて1日で効率よく観光でき、

どこからでも乗車でき降車場所も自由。

JR松江駅9時→玉造温泉9時25分着 30分発→八重垣神社9時50分着 10時30分発→

松江城10時45分着 11分45発→出雲大社12時40分着 14時40発→

JR出雲市駅15時→出雲縁結び空港15時30分→伝承館15時55分→玉造温泉16時

料金(バス代) 大人2200円 小人(小学生以下)1100円

予約が必要で、前日の19時まで

電話 松江市交通局 0852-60-1113 18時以降は 0852-60-1111

FAX 0852-60-1126

ネットでも予約、詳しくは

http://www.tama-onsen.jp/enmusubi-go

例年この時期に「えんむすび号」は運行されています。

まとめ

びっくりするくらい不便なところですので、時刻表でしっかりと確認して

予定をたてられることをおすすめします。

八重垣神社といえば、ほとんどの人は、松江市にある八重垣神社を思われるでしょう。

もうひとつ、ヤマタノオロチ伝承の記録が残る、奥出雲佐白にも「八重垣神社」があります。

こちらのご祭神は、須佐男命、稲田姫命、足名槌・手名槌(稲田姫の両親)です。

機会があれば、行ってみてくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

-おでかけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どんぐりや椎の実 まつぼっくりを拾いにいこう 湊山(みなとやま)公園

スポンサーリンク 秋になると、どんぐりや木の実など落ちていて、子供たちは拾うの大好きですよね。 木の実も拾えるほか、遊具や、雨でも楽しめる湊山公園(米子市)を紹介しますね。 スポンサーリンク 関連

kawaasobi

こどもと水遊びのできるおすすめひんやりスポット5選 中国地方

暑い夏には、ひんやりする水遊びがいいですよね。 子供が遊べる涼しい水遊びスポットを紹介します。 スポンサーリンク 関連

ホタルの見られるスポットと時期 島根県西部 5選

豊かな自然が多くのこる島根 島根県西部には、 蛍のみられるスポットがたくさんあります。 たくさんの蛍かが見られるスポットと時期を紹介しますね。 スポンサーリンク 関連

初心者でも大丈夫 手ぶらキャンプのおすすめ グランピングって?

スポンサーリンク キャンプに行きたい、だけど何も持ってない、どうしたらいいの? そんなあなたに、手ぶらでも行けちゃうキャンプのご紹介です。 新緑のまぶしい季節になってきましたね、家の中にいてはもったい …

hotaru

蛍 どこで見られる?時期はいつ? 島根松江のスポットと時期を紹介

例年5月の終わりごろから、「蛍を見たよ」と聞くようになります。 たくさん飛ぶようになるのは、6月初旬から中旬。 幻想的な蛍の光に癒されにいきませんか? 松江市の蛍のスポットを紹介します。 いずれも蛍の …