おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

体のこと

RSウィルスは 大人もかかるの?症状や感染経路 予防方法

投稿日:

seki

RSウィルスというと冬に多く乳幼児のかかる病気というイメージですが

最近は、今年もですが、夏から流行ってるとニュースで見たりすると

不安になりますよね。

大人もかかるんだろうか?どんな症状がでるのかな?

どこから感染するのか?予防方法ってあるのか、などお話していきますね。

スポンサーリンク
  

RSウィルスは大人もかかるの?

大人もかかります。

RSウイルスは、小さい頃にほとんどの人が感染していて

体内に抗体は作られていきますが、十分な防御効果がないため、

何度も感染してしまう可能性があります。

それでもRSウイルスに対する免疫があるため、かかっても軽いことが多いです。

どんな症状?

症状は、咳や鼻水、発熱などの風邪のような症状が出たあとは、

数日経過すると症状は軽くなっていきます。

検査をしなければ、わからないので

普通の風邪だと思って治る人が多いようです。

ただ、呼吸器などに病気がある人、免疫力が弱い人お年寄りなどは、

RSウイルスに感染することで肺炎などを引き起こし、重症化してしまう危険性もあるので

まわりでRSウイルスにかかっている人、かかっていた人がいる時、

なかなか治らない時などには、病院にかかることをおすすめします。

スポンサーリンク

感染経路は?

RSウイルスは、くしゃみや咳などで飛んできた飛沫によっての感染と

病原体が付着した物を触って感染してしまう接触感染が主な感染経路で、空気感染はしません。

ですが、RSウイルスは、感染力と増殖力が非常に強く、

RSウイルスがついてる手で触ったものなど(ドアノブなど)にRSウイルスが付着した場合、

4~7時間は感染力を持っています。

手に付着したら30分間は、感染する力を持っています。

また、RSウイルスは、体内に侵入したら発症前の潜伏期にも周囲の人を感染させ、

さらに、症状が消えたあとも、1~3週間は強い感染力を持っています。

予防方法は?

インフルエンザのように予防注射はありませんので

RSウイルスからの感染を防ぐには、マスクをし、うがいや石けんによる手洗いを頻繁に行うことが重要です。

RSウイルスは、消毒剤に対する抵抗力が弱いという弱点もあります。

そのため、家族が共有するものを消毒するのは、RSウイルスを殺菌するのに有効的です。

消毒剤は、消毒用エタノール、次亜塩素酸ナトリウム、ポビドンヨードなどがおすすめです。

そして十分な睡眠や栄養をとって免疫力をあげましょう。

まとめ

RSウイルスは、小さい子の病気と思われがちですが、大人でもかかり

免疫力が落ちてるいる人は、肺炎など重症化してしまうこともありますので

気をつけてくださいね。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

-体のこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

kayumi

寒くなると体がかゆくなる 原因と私の対処方法

だんだんと寒くなるこの季節、体がかゆくなってたんですよね。 特にお風呂につかると、足や背中お腹などあちこちかゆみが(/_;) 普段もかゆくて掻き始めると止まらない、白い粉ふいてきて・・・。 その原因と …

yase

やせ菌ってなに? やせ菌を増やすには? 増やすレシピ

痩せ菌、デブ菌って冗談かと思っていたら、本当にある菌なんですってね。 たくさん食べるのに全然太らない知り合いっていませんか? 私の近くにもいるんですが、いいな〜いい体質と思ってたんですが、 どうやらこ …

kafunsou

花粉症か風邪か? 見分け方は? 病院は何科? 花粉症の原因植物

風邪かと思っていたら、1週間以上も長引きなかなか治らない。 「なんでだろう? え、まさか花粉症じゃないよね?」 花粉症になったことがない人は、花粉症と風邪の症状が似ているので なかなか風邪か花粉症どっ …

熱中症対策 夏のレジャーにおすすめ熱中症対策グッズ7選

暑い日が続いて熱中症対策が必要な毎日ですね。 熱中症予防のために、エアコンのきいた涼しい室内ですごしたい・・と思っても 夏休みがはじまると、そうもいかなくなりますよね。 こどもたちにとっては楽しみな夏 …

kafunsho

花粉症対策におすすめポリフェノールとその理由 おすすめ食品

だんだんと暖かくなって春になってきましたね。 そして花粉症の季節、私の娘も花粉症で辛い時期になりました。 そんな花粉症の緩和に役立つのがポリフェノールです。 なぜ花粉症対策にいいのか、おすすめの食品を …