おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

生活

カセットガスコンロの火が小さい、消える、つかない原因と対処方法

投稿日:2018年2月1日 更新日:

寒いとやっぱりお鍋が一番ですよね。

先日おなべをしようカセットガスコンロをつけたんですよね。

カチッと音がして、火がつくものの小さくってすぐ消えてしまったので

あらガスがなくなったかな?とガスをとりだしてみたら、

まだ十分にありそうな音と感触。なんでだろ?壊れたのかな?

そこで思い出しました、以前にアウトドアでおなじようなことが・・・

やってみたら、ちゃんと火がつきました。

カセットガスコンロの火が小さい、消えるなどの原因と対処の方法を紹介します。

スポンサーリンク
  

カセットガスコンロの火が小さい、消える、つかない原因

原因は、気温が低かったので、ガスが気化しにくくなっていたのです。

今回は室内なんで「えっ!室内でなっちゃうの?」とびっくりでした。

最近、気温がマイナスを記録してましたからね。

カセットガスは涼しいとこにおいていたので室内でも冷えてたんでしょうね。

気温が何度くらいになると気化しにくくなるのか?

カセットガスコンロのメーカーIWATANIのホームページでは

「カセットボンベは成分のブタンガスの特性により、10℃を下回ると気化しにくくなり、

5℃以下になると、ほとんど気化しなくなるためお使いいただくことはできません。」

と書いてあります。


ちなみにIWATANIの製品でカセットガスパワーゴールドは、

ブタンガスの成分が異なるため、通常のボンベよりも低温でも使用でき、

5℃を下回ると気化しにくくなり、0℃以下になると使えないそうです。

スポンサーリンク


カセットガスコンロの火が小さい、消える、つかない時の対処方法

対処の方法としては、カセットボンベを暖めること。

温めると気化し易くなり、火力が復活します。


カセットボンベを温めるときには

カセットボンベを取り外して手で温めたり、ふところで温めるなどすると改善します。

直火で加熱するのは、爆発の危険があるので絶対にやめましょう。

ストーブの前とかも危険です。

うちも、取り外して、手で持ってコロコロしたりして温めて使えるようになりました。

持った時に冷たいな、とは思ってたんですけどね、ここまでとは。


まとめ

アウトドアでは、春とか秋の朝に、

火がつかない弱いは経験したことありましたが

冬の室内では、はじめてのことでびっくりしました。

たぶん室内でこんなことになることは少ないとは思いますが

これから春になってお花見時期などまだまだ寒い時があるので

こんなことがおこることがあるかもしれません。

知っていると対処もできるので安心かもしれませんね。


スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ka

蚊にさされたかゆみをとめる方法 薬を使わない あとにならない方法

先日、畑で蚊にさされてかゆいとかきながら帰ってきて 体を洗うと、不思議にかゆみがなくなるのは、なぜか調べてみると書きました。 いろいろ調べてみました、納得の理由がありました。 調べてみると他にもいろい …

suito

水筒のパッキン カビの落とし方 ボトルの中の汚れの落とし方

熱中症予防のためにもマイボトルの意識も高くなって、 水筒を持ち歩いてる人も多いのではないでしょうか。 登下校時の子供たちをみても、ほぼみな持っていますよね。 そんな水筒のパッキンが茶渋でよごれてたり、 …

網戸の網の張替え 張り替えに必要なもの 網の選び方 張替えの手順

本格的な夏を前に、(といっても もうほぼ暑い夏ですが) 破れてる網戸を張り替えてみました。 DIYなんて縁遠い私ですが、ホームセンターの動画をお手本に張り替えてみると 意外に簡単できれいにできちゃった …

matsubokkuri

まつぼっくり どんぐりの処理の方法

公園や野山で子どもが喜んで拾ってくるのが、ドングリや松ぼっくり。 そのままかざったり、色をつけたり工作すると楽しいですよね。 でもちょっと待って、外で拾ってきた松ぼっくりや木の実などには、 虫が卵を産 …

fukimodosi

6月6日は吹き戻しの日 吹き戻しってなんだっけ? なんで6月6日?

「今日は吹き戻しの日」というのを見つけました。 「ん? 吹き戻しってなんだっけ?」と写真を見たら なつかしの、あのおもちゃでした。 今の子たちは、これ知ってるのかな? スポンサーリンク 関連