おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

行事

七夕の笹を長持ちさせる裏技

投稿日:

tanabatasasa

七夕の笹かざりの笹って、すぐクルリンと丸まっちゃいますよね。

まだ七夕かざりもかざってないのに、かざったのに、葉が枯れちゃった。

そんな残念なことにならないように、笹を長持ちさせる方法を紹介しますね。

スポンサーリンク
  

水につける

笹や竹は、広く伸びた地下茎から水分を吸い上げているために、

地下茎から切り離した状態では水を吸い上げる力が弱いので、

バケツいっぱいの水につけておいても枯れてしまうのです。


この水揚げの悪さをカバーするためには

七夕のかざりを飾る前までタライなど大きな容器に笹全体を水につけておく。

つからない部分には、濡らした新聞紙をかけておくと持ちます。

スプレーで葉に水分を与えるのも効果的です。


竹や笹を切ったらプールに漬けて直前で出荷する業者もあるようですから

全体を濡らし続ければ切った笹や竹を長持ちさせる事が出来るということですね。

スポンサーリンク

酢を使う

笹に七夕飾りを飾り付けた後は、笹を酢水に漬けると長持ちします。

水と笹の割合は、水3:酢2ぐらいの割合で。

バケツに酢水をたっぷりと入れて根元を酢水に漬けて下さい。 

酢をかなりたくさん使いますので、安いお酢でいいのでたっぷりと使ってください。


ちょっと面倒な方法ですが、小さい笹でしたら

葉の表面をお酢を含ませたコットンで軽く拭きます。

これをすれば葉の色が変わりにくくなります。


大きな竹は

根元の方で太い節を選び、その節の上部に切れ込みを入れます。

ドリルで穴を開けても、のこぎりで三角に切れ込み入れてもかまいませんが

竹が折れないように、あまり大きな切れ込みにならないように気をつけてください。

切れ込みから水を注ぎ、節の内部を水で満たしてください。

毎日水を加え続けてください。


竹は内側の部分が柔らかく水分を吸収しやすい構造になっているために

中から水分を補給する方法です。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

今年の七夕は、この方法で笹を長持ちさせてみませんか。

そして笹を飾る場所も、日なたよりも、日陰の方が長持ちをします。



7月7日晴れますように。

スポンサーリンク

-行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

santaclaus

サンタクロースから手紙をもらおう おすすめサービス3選

サンタクロースからお手紙がもらえるサービス知ってますか? フィンランドからサンタクロースから手紙が届いたら、 クリスマスを楽しみに待ってるお子さんは、きっと大喜びですね。 事前に申し込んでおくことで、 …

syuubunnohi

秋分の日はいつ? 意味や由来 すごしかた

9月にある祝日に秋分の日がありますね。 最近は、秋分の日前後の休みつながりでシルバーウィークと呼ばれ、 楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。 この日は何の日かご存知ですか? 秋分の日がいつか …

omijikuji

おみくじの順番 待ち人の意味 ひいたおみくじはどうする?

お正月を迎えて、初詣に行く人も多いのではないでしょうか。 初詣といえば、「おみくじ」ひきますよね。 大吉がいちばんいい、というのはわかるとして、吉、小吉、末吉・・ 吉がつく運勢のいい順番って?意外とわ …

keirounohi

敬老の日のプレゼント 保育園幼稚園児の孫からの簡単手作り 

もうすぐ敬老の日ですね。敬老の日のプレゼントって悩みますよね。 「まだまだ年寄りじゃない、年寄り扱いするな」 誰がみても年寄りなのに、そういわれてしまうと困りますよね(笑) でも、かわいい孫から「おじ …

white_day

ホワイトデーにおすすめ 人気スイーツ かわいいコフレ 5選

もうすぐホワイトデーですね。 何を返したらいいのかなとお悩み中のあなたに 人気のスイーツとかわいいコフレを紹介しますね。 スポンサーリンク 関連