おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

園芸

一度使った野菜を水につけて再生「リボベジ」楽しくエコに節約にも

投稿日:

料理に使った根っこやヘタ、そのまま生ごみで捨ててませんか?

捨てるのもったいない、

ゴミも減らせてもう一度料理に使えて節約にもなる「リボベジ」はじめませんか。

「リボベジ」 リボーンベジタブル 再生野菜のことをいいます。

水につけるだけと簡単なリボベジを紹介します。

スポンサーリンク
 

リボベジにむいてる野菜

豆苗など根っこから育てるもの

一番簡単で、すでにやって人が多いのではないでしょうか。
パッケージにも書いてありますものね。
根っこから2~3㎝のところでカットして、根だけが浸るくらいの水をいれます。
一週間くらいで食べられます。
私、その後もう一回再生したことがあります、予想よりできましたよ。

他には、水菜、小松菜、ネギ、三つ葉など

スポンサーリンク

ニンジンなどヘタを残すもの

ヘタの部分を2㎝くらい残して切り、水につけます。
かわいい葉が出てきます。
天ぷらがおいしいです。

他には大根、カブ

キャベツなど芯からのもの

芯を残して水につけます。
そのまま水だけで栽培でもいいですが、土に植えると大きくなるようです。

他には、レタス、サニーレタスなど

リボベジのコツと注意点

・根本を残して切る(種類によって違いますが3から5㎝くらい)
 残った野菜の養分にするため。

・浅い容器に水をいれて育てるときに、葉がはえる部分は水につけない。腐りやすくなります。

・できれば毎日水を替えて、容器も一緒に洗いましょう。

・窓際やベランダなで光が入る明るい場所に置きましょう。

・夏場は、直射日光をさけ涼しいところに置きましょう。

・菌の繁殖に注意して、カビがはえたら捨てましょう。
 

まとめ

簡単にできるリボベジ、おしゃれでかわいいグラスやお皿に入れたら

かわいいインテリアにもなります。

お子さんも、一日一日育っていく野菜を見て

好きじゃなかった野菜も喜んで食べてくれるようになるかもしれませんね。

短期間でできるので、夏休みの自由研究にもおすすめです。

スポンサーリンク

-園芸
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母の日鉢植えのカーネーションつぼみが咲かない。どうしたら咲くの?

母の日に贈られたカーネーション。 たくさんのつぼみがついて、たくさん花を咲かせると思っていたら そのままかれてしまうってことよくありますよね。 大切な人にもらった花は一日でも長く咲かせたいですよね。 …

jagaimonohana

じゃがいもの花が咲き始めました かぼちゃにウリハムシ ナスが枯れそう

じゃがいも マルチで浅植えしたジャガイモの芽がなかなか全部出て来なくて ハラハラしたじゃがいもですが、 はじめの頃に芽が出てきたじゃがいもは、花が咲き始めました。 かわいい花です、この花 「実のために …

初心者でも簡単ベランダ菜園 食費の節約に

スポンサーリンク 最近野菜って高いですよね。 新鮮な野菜をベランダで作ってみませんか。 サラダにつけあわせに便利なベビーリーフって簡単にできるんです。 はじめに、プランター、土とか必要なものはあります …

jagaimo

じゃがいもの浅植えマルチ栽培 1ヶ月と家庭菜園 夏野菜植え付け

連休になって、よその畑は忙しくなりつつありますけど うちは、相変わらず時々しか行かない、のんびり菜園です(笑) スポンサーリンク 関連

zasou

除草剤 どれを選べばいい? おすすめ除草剤 使い方は?

暑くなると、草取りしても、2,3日もすると、もう雑草がはえてきますよね。 地面にぴたっと張り付いて横へのびていくカタバミやスギナ ススキのような葉の(なんて名前かな?)雑草なんかは、 なかなか根っこま …