おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

おでかけ

足立美術館 日本一 のインスタ映えする庭園 アクセスの方法など

投稿日:2017年5月2日 更新日:



アメリカの日本庭園専門誌ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニングが、

全国の日本庭園900か所以上を対象に実施した「2017年日本庭園ランキング」が発表され、

足立美術館の日本庭園が「15年連続日本一」に選ばれました。

インスタ映えするということで訪れる人も増えてきています。

それってどこにあるの?という人も多いと思います。美術館までのアクセスも紹介します。

スポンサーリンク
 

 

足立美術館

島根県安来市に、地元出身の実業家足立全康氏が昭和45年、71歳の時、郷土への恩返しと

島根県の文化発展の一助になればと開館しました。

横山大観の作品は総数130点にのぼり、質量とも日本一とも言われています。

そのほかには、竹内栖鳳、橋本関雪、川合玉堂、上村松園ら近代日本画壇の巨匠たちの作品のほか、

北大路魯山人、河井寛次郎の陶芸、林義雄、鈴木寿雄らの童画、平櫛田中の木彫なども収蔵しています。

足立氏の「庭園もまた一幅の絵画である」の言葉どおり、完璧な美しい日本庭園です。

庭園は「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」など6つに分かれ、

面積5万坪に及ぶ。全康自らが、全国を歩いて庭石や松の木などを捜してきたといいます。

庭師や美術館スタッフが、毎日開館前から手入れや清掃を行っていて、枯葉やごみひとつ落ちてない美しさです。

彼方の山々まで取り込む借景も素晴らしいです。

美術館に行ったことがなかった時、美術館近くの道を走っていると

山の上から水が落ちてるんです。

なぜこんなとこに?水があるような山じゃないのに、と思っていたのですが

美術館行って納得しました、遠くに見事に滝が流れてる。

自然のものでなく、水をポンプでくみ上げているんだそうです。

美術館のお庭の借景としてみると、自然なんですよね。

そして館内には、日々刻々と変化する庭園を絵画に見立てて鑑賞できるよう、

「生の額絵」や「生の掛軸」などの楽しい仕掛けがあります。

本当に絵画のような庭園で写真を撮ってみませんか。



開館時間

年中無休
夏 季 4月-9月 9:00-17:30
冬 季 10月-3月 9:00-17:00

※ 新館への入場(本館・新館連絡通路の通行)は、閉館15分前まで
● 新館のみ、展示替えのため休館日あり

新館休館日平成29年4月18日 7月12日 10月12日~13日 11月6日~7日
平成30年2月7日

駐車場

無 料
大型バス 40 台 普通車 400 台収容

入館料
大 人 2,300円
大学生 1,800円
高校生 1,000円
小中生  500円
公立学校が休日の土曜は小中高生の入館料を無料(要学生証提示)
他に団体割引
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方】個人料金の半額

スポンサーリンク

ローソンチケットで買うと2200円で買えますが、期限が3か月になってます。

足立美術館
https://www.adachi-museum.or.jp/

〒692-0064 島根県安来市古川町320
電話:0854-28-7111

アクセス

車の方は、山陰道安来ICから車で10分です。

JR安来駅からは、無料シャトルバスが出ています、約20分
美術館発のバスは出発時刻毎の整理券を受付で配布しているので、
利用するバスを決めて入館時に整理券を確保すると良いでしょう。

そのほか路線バス(有料)もあります
イエローバス(安来市運営広域生活バス) 
ご利用の際は鷺の湯温泉前バス停(美術館まで徒歩1分)にて下車
 
安来駅舎を出て、すぐ前にバス停があります。

無料シャトルバス 路線バス時刻表

https://www.adachi-museum.or.jp/shuttle_bus

以前あった玉造温泉からの無料バスは廃止になっています。
JRで安来駅まで行って、無料シャトルバスになります。
空港ご利用の方は、空港連絡バスでJRの駅まで、そこからJRで安来駅です。
JRの本数が少ないので、お気をつけください。


皆生方面からは

日の丸バス(皆生温泉発)お問い合わせTEL0859(32)2123

大人1,000円 小人500円

皆生温泉観光センター 米子駅7番のりば  久米町バス停   足立美術館
9:05発      9:20        9:23    9::50着               

周辺には

安来節演芸館 http://www.y-engeikan.com/ 

足立美術館のとなりにあり、生の安来節を上演しています。

安来特産のどじょう料理やお土産物もあります。



さぎの湯温泉

その昔、白鷺がこの湯で脚の傷を癒した伝説の残るかけ流しの温泉です。

宿泊だけでなく日帰りでも楽しめます。

さぎの湯荘(さぎのゆそう) 

竹葉(ちくよう) 

安来苑(やすぎえん) 

夢ランドしらさぎ(ゆめらんどしらさぎ) 

ふれあいプラザ   

まとめ

春夏秋冬、いつ訪れても違う美しさで迎えてくれる庭園です。

パートナーズカード会員2年間6,000円で何回も訪れるのもいいかもしれませんね。

出雲大社の観光と一緒に美しい庭園を見にきませんか。

★足立美術館口コミなど★

スポンサーリンク

-おでかけ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

morinosu4

もりのす 島根県飯南町ふるさとの森に行ってきました

スポンサーリンク 以前島根県民の森と言われてた時から、お気に入りのキャンプ場で、キャンプ、ディキャンプによく行ってました。 数年前から、おしゃれな宿泊施設に変わってるんですよ。キャンプ場も島根県から「 …

蛍がみられるスポットと時期 鳥取県西部3選

鳥取県西部のホタルの観賞場所(スポット)を紹介します。 ホタルが多く飛ぶ条件は生暖かく感じ(20度以上)、曇っていて風のない夜。 雨が降っている日、風の強い日、冷え込む日などはあまり飛びません。 夜1 …

chikumi

きれいでおすすめの穴場海水浴場 島根県

島根県内には、水質がよくきれいなビーチがたくさんあって、 人気のビーチにはたくさんの人が訪れます。 (とはいっても、都会の海と比べると人は少ないですが) 人気ビーチほど混雑もしない、でも海はきれいとい …

umenohana

おすすめ梅園 花のみごろ 品種など 山陰

お花見といえば、一番に思い浮かべるのは桜ですが、 まだ寒さの残る早春に白から濃いピンク色のかわいい花を見せてくれる梅。 春の訪れを感じに梅を見に出かけてみませんか。 スポンサーリンク 関連

縁結びの神様出雲大社 正しくお参りしよう

もうすぐゴールデンウィーク、旅行で出雲大社に訪れる人も多いと思います。 せっかくお参りするのなら、正しくお参りして縁結びのご利益をうけたいものですよね。 私は、地元で何度もお参りしてますが、 最近某テ …