おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

行事

お月見 月にうさぎがいるのは? なぜお餅をついてる? 外国では?

投稿日:

otsukimiusagi

子供の頃、満月の月をみあげて、

「お月さまには、うさぎがいるのよ、餅つきしてるのよ。」

と教えてもらった人はたくさんいるのではないのでしょうか。

では、なぜうさぎなのか、なぜもちつきか、すぐには答えられないですよね。

外国では、どんなふうに見えているのでしょう。

そんなお月さまとうきざのお話をしますね。

スポンサーリンク
  

なぜお月さまにうさぎがいるの?

おつきさまとうさぎの関係は、インドの「ジャータカ」仏法説話から来たというのが有力です。

そして、日本に渡来し「今昔物語」にも収録されています。


昔あるところに猿、狐、兎の3匹がいました。

ある日山の中で力尽きて倒れている老人をみつけ、

老人を助けるために食べ物を探しに行きます。

猿は木の実を集め、狐は川から魚を捕り、それぞれ老人にあげましたが、

兎だけは、どんなに苦労しても何も採ってくることができませんでした。

自分の非力さを嘆いた兎は、何とか老人を助けたいと考えて、

猿と狐に頼んで火を焚いてもらい、

「私を食べてください」と自ら火の中へ飛びました。

その姿を見た老人は、帝釈天としての正体を現し、

兎の捨て身の慈悲行を後世まで伝えるため、兎を月へと昇らせました。

月に見える兎の姿の周囲に煙状の影が見えるのは、兎が自らの身を焼いた際の煙だということです。

スポンサーリンク

なぜお餅をついてるの?

いろいろと説がありますが

古代中国では、「うさぎが杵を持って不老不死の薬を作っている」といわれており

それが日本に伝わって、薬が餅に変わっていったと考えられています。

日本では、満月のことを「望月(もちづき)」ともいい、それが「もちつき」なったらしいですよ。

他には、「老人のために餅つきをしている」や「うさぎが食べ物に困らないように」という説もあります。

外国ではどう見える

月の影が、日本のように「うさぎ」に見えるのは、「日本」「韓国」「中国」などのアジア地域。

「ジャータカ」からきてるのかもしれないですね。

ベトナムは「木の下で休む男の人」と言われているそうです。

北ヨーロッパでは「本を読むおばあさん」、南ヨーロッパでは「大きなはさみのカニ」

東ヨーロッパ、アメリカなどでは「女性の横顔」、ドイツでは「薪をかついだ男」、

オーストリアでは「灯りを点けたり消したりしている男」、カナダインディアンは「バケツを運ぶ少女」

インドネシアでは「編物をしている女の人」、アラビア地域では「吠えているライオン」だとか。

それぞれの地域で、日本のようにいろいろな物語があるかもしれませんね。

まとめ

お月さまにうさぎがいるというのは、悲しいお話でしたね。

世界各国の月の模様を想像しながら、お月見を楽しんではいかがでしょうか。


こちらもどうぞ

お月見を子供と楽しもう いつ? なんのため?お供えするものは?




最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

-行事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

gogatsuningyo

五月人形 誰が買う? 購入時期や飾る時期 後悔しない選び方

子どもが生まれて初めて迎える節句が「初節句」ですね。 初節句は子どもの健やかな成長を願う大切な赤ちゃんのイベントで、 男の子は、5月5日の「端午の節句」に兜飾りや武者人形など飾ります。 五月人形は、だ …

touji

冬至っていつ?なに? なぜかぼちゃとゆず? 

冬至といえば、一年で一番昼の短い日で、このころは日が暮れるのが早いし、 寒いし、いやになっちゃう時期ですよね。 でも、冬至ってそれだけではないんですよ。 冬至のこと、冬至のかぼちゃとゆずのことをお話を …

ehoumaki

恵方巻2018年の方角は? 食べ方のルール 由来について

スポンサーリンク 節分といえば豆まき、そして最近では恵方巻ですよね。 私も最近は恵方巻食べますが、ほんの数年までは知らなかったんですよね。 その年の恵方を向いてとか、いろいろなルールがあるんですよね、 …

shichigosan

七五三って? 数え年満年齢のどっちでする? お参りする時期は?

秋には、子供の成長を祝う七五三がありますね。 三歳と五歳と七歳でお祝いするんだよね、それって数え年でするの?満年齢? 神社にお参りに行く時期はいつ? そんな七五三の疑問についてお話しますね。 スポンサ …

父の日 お酒の好きなお父さんに手作りおつまみ お子さんでも簡単

スポンサーリンク 6月の第3日曜日は父の日ですね。今年は、6月18日(日曜日)です。 なんとなく忘れられがちな父の日ですよね。 この日に、お酒の好きなお父さんにおつまみをつくってあげませんか。 お子さ …