おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

アウトドア

広島県民の森キャンプ場 常設テントに泊まってきました

投稿日:2018年7月16日 更新日:

おもいがけずお休みができたので、前から気になっていた

広島県民の森の常設テントに先日キャンプに行ってきました。

ホームページの写真で見ると大きな常設テントがたくさんあり、

以前三瓶のキャンプ場で泊まったのと同じテントぽいので中の様子もわかってるし、

なんといってもテントを立てる必要がないので楽だしと思ったんですが・・・・

ん~〜〜失敗でした(笑)



まず公園センターのフロントでチェックイン、申し込みを書いて

料金の3600円を払って、説明をうけます。

トイレや炊事棟に近いからと第1キャンプ場の常設テント7番。

テントの中には、テントマットがあるんですが、湿っているかもと。

その上に敷くシートを受け取り、あまり湿っているようだったら

他のテントと変わってもいいですよ、とのこと。

この時、なんか嫌な予感はしたんですが・・・。




こんな山道



公園センターの後ろ側を通る細い山道を通って、テントへ。

テントの横に車をとめて、中をのぞいてみると、

マットが湿ってるか確認の前に、「えーーー汚い、帰りたい」

テントは外のテントとインナーのテントとあるのですが、

そのインナーのメッシュの部分には穴が開いてるし

天井や横には、なんかカビ?汚れもいっぱいあるし

もちろんマットは湿ってるし、中も臭い、ずっとしめきってるんですもんね。

消臭スプレー持っていけばよかった(笑)




他のテントも見てみましたが、似たり寄ったりで

少しはマシかなというのが、バリアフリーの17番でした。

バリアフリーというのは、普通の常設テントは

数段階段を上がっていかなくてはいけないのですが

ここはその階段がなくそのままテントへ入れるというのです。

各テントの横には、テーブルといすもあるので、それを使いました。



トイレもバリアフリーのトイレ、女性用男性用とあって

ウォシュレットの水洗トイレで新しいのですが虫がいたり(まあこれは仕方ないでしょうね。)

手洗いのとこは虫や汚れで、「いつ掃除したの?」みたいな。



ここのテントサイトは、林間で、川が近くにあるので、木陰は本当に涼しいです。

日が当たるところは、普通に暑いですが。

川にも下りられますので、水遊びもできます。

川の向こう側には、芝生の広場、ドッグランもあり、ドッグランの奥には滝もあります。

滝は、公園センターの反対側にもありました。




このあたりは、山砂鉄をとるための鉄穴流し(かんなながし)が行われ、

そのための水路、洗場跡キャンプ場のすぐ近くにありました。

スポンサーリンク

この鉄穴流しで採取された砂鉄がたたら製鉄の原料になるんですよね。



炊事場は、まあちょっと前の感じの炊事場でしたが

ごみは分別すれば捨てられるようにゴミ箱がおいてありました。

捨てて帰られるのはありがたいですよね。

大人数で使うこと(林間学校とか?)があるのか、水道が炊事場の外にもついてたり

かまどに使えるように直火ができるようにもなっていました。

初めに指定されたテントの前には、石で囲んで直火を使ったあともありましたし。



夕食の前に汗を流そうということで、公園センターのお風呂へ。

この日は誰もいなかったので、ゆっくりとできたのですが

10人は入れるかどうかくらいの湯船なんで、

公園センター、キャンプの人が多い日なんて、どうなんでしょうね?

コインシャワーくらいキャンプ場の中にあればいいのにな、なんて思いました。



今回の夕食は、夕食といえるかどうか・・・酒のつまみ?(笑)

家から作ってきたタコのカルパッチョとえびのアヒージョ、バゲット、ワイン。


トイレと炊事場の明かりだけしかないキャンプ場なので

暗くなる前に夕食をおえて片付けして、星が見えるようになるのを待っていると

山側に点滅してふわりと飛ぶものがひとつ、蛍。

他にもいないかとまわりを探してみましたけど、それだけ。

その後も一匹で飛んでるのを何度かみましたが、その一匹だったのか、ほかにもいたのか?

一匹でも思ってもいなかったホタルをみられて、なんかほんわかした気持ちに。

星は、木のないフリーサイトからだとたくさん見えるのでしょうが、

(そのかわり日がさすから暑いんだろうなと思います。)

木々のすきまからからなので満天の星とはいきませんでした。


夕食ぐらいから、半そででちょっと肌寒くなって、暗くなるころには長袖に。

夜は、その長袖のまま寝袋でちょうどいいくらいでした。

テントマットは湿ってたので、持ってきてた銀マットの上に寝袋で

家では、半そでのパジャマでタオルケットでも、まだ暑いくらいなのに。

ほんと涼しくってすごしやすかったのですが、

いざ寝ようとすると川の流れる音がなんか気になってなかなか寝られず。

夜中に目をさました時には、雨が降ってるのかと勘違いしたり。




翌朝のご飯は、レトルトのお粥とみそ汁、つけもの、ちくわ(手抜きです 笑)

テーブルのところに朝食で出たゴミを置いて(といっても空き袋だけなんですが)

散歩に行ってたら、袋を破られてゴミが出てました。

近くにカラスがいたから、そのしわざ? たぬきがどこからかでてきた?

ごみは、捨てておくべきでした。



この第1キャンプ場には、常設のほかに、テントを持ち込みのサイトがいくつかあって

テント持ち込みの方がよかったかな〜なんて思いました。料金2100円だし。

でもサイトが狭いんですよね、5×5mもないサイト、

それでも車でサイトまで行けるのは便利ですね。

サイトまでの道は大丈夫?のようなサイトもありましたが。

ここに来ることがあれば、テント持参の方がいいかなと思います。



第4キャンプ場は、オートキャンプ場と名前がついてます。

ここも大きいテントとタープはたてられないかなという狭さ。

道も狭いです、ここも料金2100円




きっと、これから先ここの常設サイトは利用しないでしょうね(笑)

夏休みには、もっときれいになるんでしょうか。

広島県民の森
キャンプ場(チェックイン/14:00 チェックアウト/13:00)

常設テント :1基  3,600円(税込)

テントサイト:1区画 2,100円 (税込)

常設テントに泊まる、お手軽キャンププランなどもあります。

http://www.kenmori.jp/

スポンサーリンク

-アウトドア
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

umi

夏はやっぱり海キャンプ おすすめキャンプ場紹介 島根

夏といえば、山もいいけどやっぱり海 暑くても、やっぱり行きたいですよね。 きれいな島根の海のキャンプ場を紹介します。 スポンサーリンク 関連

suzumebachi

スズメバチ どこにいる?刺されないための対策法 刺された時の対処法

夏から秋にかけて、スズメバチに刺された被害を聞くことが多くなってきます。 7月~10月は、スズメバチの子育てのために気が荒くなっているためですが、 その時期って、海や野山に遊びに行くことが多くなる季節 …

camp

無料 格安 おすすめキャンプ場 島根

キャンプ大好き、毎週でも行きたいけど・・・ 2,3泊したいけど、結構料金が高額になっちゃう。 最近の高規格のキャンプ場(高規格でなくても)って料金高いですよね。 どこかに安くて、そこそこの設備のキャン …

oogidani

大鬼谷オートキャンプ場の楽しみかたいろいろ

大鬼谷オートキャンプ場での楽しみや遊びは、 四季折々いろいろとあって、いつ行っても楽しめるキャンプ場です。 私は寒いの苦手なんで、絶対しませんが 雪中キャンプで雪遊びまで楽しめるところは珍しいですよね …

無料や格安で楽しめるおすすめキャンプ場7選 岡山県

最近のキャンプ場の料金って高いと思いませんか? うちがキャンプをはじめたころには、 2,3千円で、そこそこ施設のととのったキャンプ場が利用できましたが 今は4千円とか5千円とか、えっそれって1泊で?と …