おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

行事

お月見はいつ? なんのため?お供えするものは?

投稿日:2017年7月15日 更新日:

tsukimi

秋には「お月見」という季節の行事がありますよね。

「ああ今日はお月見だったのね」とニュースなどで知って、月を見上げるくらいで

あらたまって「お月見」をほとんどしたことがないんです。

多くの人はそうではないでしょうか?(私だけ?)

今年は、お子さんと一緒に「お月見」を楽しみませんか。

スポンサーリンク
  

お月見っていつ?

「お月見」他にも「中秋の名月」、「十五夜」、「芋名月」と呼ばれ、

旧暦の8月15日のことをさします。

旧暦なので、毎年 日にちが変わってきます。

今年(2018)の「お月見」は、9月24日です。

  
2018年  9月24日       
  
2019年  9月13日       
  
2020年  10月1日

今でいうと、だいたい9月中旬~10月初頭ですね。

日本だけですが、旧暦の9月13日にも月見をする風習があり、

こちらは「十三夜」、「後の月」、「栗名月」とも呼ばれています。

各地には「十五夜」をしたなら、必ず「十三夜」もしなければいけないという言葉が伝えられています。

今年(2018)の「十三夜」、10月21日 です。

  
2018年  10月21日  
  
2019年  10月11日  
  
2020年  10月29日

こちらは、10月中旬から11月初め頃ですね。

秋は、空気が乾いていてチリが少ないのでお月さまがはっきりときれいに見えるんですよね。

両方晴れて、きれいなお月さまが見られるといいですね。

スポンサーリンク

お月見はなんのため?

お月見のルーツはよくわかっていませんが、中国では月見の日にサトイモを食べることから、

サトイモの収穫祭であったという説が有力となっています。

その後、中国で宮廷行事になり、その後日本に伝わったということです。

もともとは、「秋の実りに感謝する」という意味があったんですね。

秋は、おいしい食べ物がいっぱいとれますよね。

お月見お供えするものは?

お月見のお供えと言われて、一番に思い浮かぶものは、ススキとお月見団子ですよね。

ススキ

ススキは、稲穂のかわりです。お米のつぶつぶがついてるやつですね。

月の神様は、本来は稲穂を依代(よりしろ 神霊が寄り付くもののことです。)としているのですが

お月見の時期にはこの稲穂がないので、見た目が似ているという単純な理由ですすきを代わりに飾るようになりました。

また、ススキは魔よけの力があると信じられており、お月見にお供えしたススキを軒先につるすと

一年間病気をしないという言い伝えもあります。


お団子

もともとサトイモをお供えしていたのが、お米の粉で作ったお月見団子に変化していったようです。

白くて丸いお団子は、満月を表しているといわれ、収穫の感謝をこめてお供えします。

丸いものは縁起がよよい信じられていて、それを食べると

健康でしあわせになれるとされています。

他に、秋にとれた野菜やくだものなどもお供えすることがあります。

まとめ

いかがでしたか? お月見と言えば満月のイメージが強いですが、実は十五夜が満月であるは限りません。

これは、昔の天文学が未発達だったためです。とは言えズレがあったとしても1~2日です。

今年の「お月見」は、窓辺にススキとお月見団子をお供えして、

お月見の意味などお子さんとお話しながら楽しんではいかがでしょうか。

お月見を扱った絵本もたくさんありますから、親子で読んでもいいですね。

楽しいお月見を



最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

-行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

akinonanakusa

秋の七草とは何? いつ咲くの? 覚え方は?

春の七草といえば、「ああ、おかゆに入れて食べる草ね」とでてきますが、 「秋の七草」はなに?と聞かれると、「あれなんだっけ?」 秋の七草はあまり知られてないですよね。 どんな花があるのか、いつ咲くのか、 …

tanabatasasa

七夕の笹を長持ちさせる裏技

スポンサーリンク 七夕の笹かざりの笹って、すぐクルリンと丸まっちゃいますよね。 まだ七夕かざりもかざってないのに、かざったのに、葉が枯れちゃった。 そんな残念なことにならないように、笹を長持ちさせる方 …

nanakusagayu

春の七草 七草粥の由来 作り方

1月7日に七草粥を食べる風習がありますね。 お粥に入れる七草は「春の七草」になっています、 春の七草には何があるのでしょう? 七草粥の由来、作り方など紹介していきます。 スポンサーリンク

sitigosan

七五三 ママは何を着る? 着物? 洋服? パパは?

七五三で、お参りの時の子供の着物などは、早くから用意してたり レンタルの予約をしたりしてますが、母親や父親の服装は、 直前までどうしようかと考えたりしてませんか? 去年うちの孫もお参りしたのですが、そ …

syuubunnohi

秋分の日はいつ? 意味や由来 すごしかた

9月にある祝日に秋分の日がありますね。 最近は、秋分の日前後の休みつながりでシルバーウィークと呼ばれ、 楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。 この日は何の日かご存知ですか? 秋分の日がいつか …