おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

園芸

じゃがいもの浅植えマルチ栽培はじめました 

投稿日:2018年3月24日 更新日:

jagaimo

去年聞いていたジャガイモのマルチ栽培を、今年こそはじめようと

3月のはじめに冬野菜の整理をして

先週いつでも植えられるように用意してたのですが、

畑に行ける日には雨・・やっと昨日はじめられました。

これから約3ヶ月後の収穫が楽しみ。

スポンサーリンク
  

3月のはじめ 白菜があった一畝を整理、スコップを入れてから

苦土石灰をまいておきました。


今年ほど野菜を作っておいてよかったと思った年はないですね。

生育は、いつもの年よりは小さめだったんですが

それでも鍋にするほどの白菜がとれました。

畑の用意は、80㎝×5mの畝に発酵鶏糞15キロ 発酵牛糞40ℓの1/3くらい 

8-8-8の化成肥料をパラパラと、びっくりするくらいのたい肥の量でしょう。

たぶん普通はこの1/10くらいの量で、入れすぎはだめですよ、とテキストなどにはあるんですけど

ここの菜園のまわりのベテランの方々がこれくらいの量入れないと・・・ということで

ここでやってるうちに、私もこれくらいの量が普通になってきました(笑)

そしていよいよ ジャガイモを置くだけのマルチ栽培開始です。

できるだけ平らに畑を作ってから、

半分に切った種イモを切り口を上にして土に埋め込むように植えつけます。

種イモの上と土の高さが同じくらいに植えました。

小さいものは一個丸のままで、芽がたくさんある方を下にして植えました。

30㎝間隔で種イモを置いていき、イモとイモの間に化成肥料をひとにぎり置いて

すべて置き終わったら、黒マルチをピーンと貼っていきます。

平らにしたつもりだったのに、貼っていくと、すごいデコボコ(泣)

これで2週間前後で、芽が出てきて黒マルチに当たって押し上げてきたら

芽のところだけ小さく穴をあけて、それでお世話はおしまい。

面倒な土寄せや追肥もしなくていいし、雑草も生えてこない、

あとは収穫を楽しみに待つだけのはずなんだけど・・・

収穫も掘らずに、じゃがいも拾いをするだけと楽ちんのはず。

さて、どうなるでしょうね? 楽しみです。

6月22日にじゃがいもを収穫 まとめてみました

じゃがいもの浅植えマルチ栽培 まとめ

スポンサーリンク

-園芸
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者でも簡単ベランダ菜園 食費の節約に

最近野菜って高いですよね。 新鮮な野菜をベランダで作ってみませんか。 サラダにつけあわせに便利なベビーリーフって簡単にできるんです。 スポンサーリンク はじめに、プランター、土とか必要なものはあります …

秋冬野菜の苗をやっと植えました 大根ほうれん草小松菜の種まき 

8月下旬から9月いろいろと忙しくなって、ほとんど畑にも行けない状態でした。 夏野菜の整理をして、秋冬野菜の用意の時期なのに。 ほとんどなにもできず、なんとかできたのは、9月7日に大根と白菜の種まき。 …

jagaimo

じゃがいもの浅植えマルチ栽培 まとめ

去年聞いた、じゃがいもを浅植えにしてマルチでおおう栽培を 今年はじめてやってみました。 3月に植えて、6月の収穫までまとめました。 スポンサーリンク 関連

jagaimo

じゃがいもの浅植えマルチ栽培 2週間目

じゃがいもを植えて2週間、そろそろ芽が出て 黒マルチを押し上げてるかなと思いましたが、こんな状態です。 他の野菜の様子もあわせて。 スポンサーリンク 関連

冬の家庭菜園 たまねぎ ブロッコリー キャベツ 大根 白菜 など

寒くなって、畑に行く回数も減ってきて、たまに収穫に行くくらいに。 このごろの野菜は寒さにあって甘くなっていくんですよね。 ブロッコリーの茎もおいしいので捨てないで食べてくださいね。 私の好きなブロッコ …