おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

レシピ

ピーマンの葉の佃煮をつくりました

投稿日:


ピーマンだけでなく、ピーマンの葉も食べられるんです、知ってました?

子供の頃は、苦み?えぐみが嫌いだったんですが

大人になって年を重ねたら、いつのまにか好きになっていました。

夏、葉ものが少なく値段も高い時期に、このあたりではスーパーでも

100円くらいで売られていてピーマン同様に栄養もあり重宝な野菜なんです。

道の駅とかでも売られているところがあります。

もちろん家庭菜園で作っているピーマンの葉も食べられます。

スポンサーリンク
 

ピーマンの葉の佃煮の作り方

材料 

ピーマンの葉 1把

醤油     大さじ2

砂糖     大さじ2

みりん    大さじ2

作り方

1 枝からピーマン葉っぱを摘み取って、きれいに洗います。

 葉っぱだけでなく小さいピーマンもついてることがあります。

 これも一緒につみとって佃煮にします。




2 鍋にお湯を沸かして、葉っぱを入れて5分くらいゆでます。



3 ざるにあけてお湯を切り、水で洗います。

  苦みやえぐみをとるため水につけます。

  私は、時々水をかえながら2時間か3時間つけておきますが、

  一晩ほどつけておくと苦みがかなりぬけます。



4 水けをきってから、食べやすいようにザクザクと切って、

  鍋に入れ、調味料を入れて火にかけ煮汁がなくなるまで煮ます。

   ほとんど煮汁がないので焦がさないように注意です。


一緒にちりめんじゃこを入れてもおいしいです。



下茹での手間はありますが、簡単ですので、ぜひ一度試してみてくださね。

夏の間、時々うちの食卓に登場します。

ご飯のおともに、食欲のないこの時期、これと冷たいお茶でお茶漬けもおすすめです。

スポンサーリンク

-レシピ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

fukitukudani

ふきの佃煮の作り方 皮をむかなくていいから手もよごれません

スーパーや道の駅などの野菜売り場にふきが並ぶ季節ですね。 フキ食べたいなと思うけど、皮をはぐと指が真っ黒になったり 下ゆでしなきゃと思うと面倒で敬遠してましたが、 農家の人にきいた方法だと、皮もむかな …

nukazuke

ぬか漬けはじめました ぬか漬けにおすすめ野菜

先日、友人が「スーパーでお漬物買ってたけど一人暮らしになっちゃったから、 なかなかなくならないので捨てちゃったりするのでもったいないし、 自分でつけようかなと思ってるの。」と話してるのを聞いて うちも …

そらまめ食べたい!! おすすめ食べ方 保存方法 

スポンサーリンク そらまめの季節がやってきましたね。 畑のそらまめは、もう少しという感じですが、スーパーにはでてきましたね。 ビールがすすんで困っちゃうイチオシの食べ方 他のおすすめの食べ方、保存の方 …

つくしの下処理と料理法

スポンサーリンク 今日自転車で走っていると、道端につくしがでてるのを見つけました。 もうつくしの季節なんですね。 春休み、こどもさんとお散歩に行って つくしをとって、食べてみませんか? 下処理から食べ …

goya

ゴーヤレシピ 簡単つくりおき

夏も終わりかけなのに、うちの家庭菜園で、次々とできるゴーヤ。 ありがたいことなんですけど、佃煮は、ちょっと食べ飽きたかな~~って感じ。 ということで、いろいろと他のゴーヤレシピを試してみました。 簡単 …