おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

レシピ

甘酒を炊飯器で簡単に作ってみました 温度計なしでも大丈夫

投稿日:

amazake

最近スーパーやコンビニでよく見かけるようになりましたね、甘酒。

栄養豊富な甘酒は体力回復に効果的、「夏の栄養ドリンク」として飲みたいですが

買ってくるとわりと高いし、味もなんだか・・・みたいなのもあるし

なので、自分で作ってみました。私のお気に入りの味のものができました。

最初に作ったレシピはちょっと失敗しちゃいましたが、

次に作ったこのレシピは、おいしくって一日に何杯でも飲みたくなっちゃいます。

米麹と水だけで作るもので温度計なしで作れます。

スポンサーリンク
  

甘酒作り方

材料

米麹  300g
水   300cc
冷水  300cc
(冬なら水道水そのままで、夏水温が高い時、私は氷を2、3個いれました。)

1, 米麹が固まっていたらほぐして炊飯器の釜に入れる。

2. 鍋に水をいれて沸騰させて火をとめ、冷水を入れる。

3. 釜の中に2を入れて、炊飯器を保温にして、蓋をあけたままふきんをかける。

4, 6時間くらい保温すればできあがり。途中で2、3回かきまぜる。

  甘いやわらかいおかゆ状になります。

5, 2倍くらいに薄めて飲みます。

冷蔵庫で保存してください。

だんだん発酵して酸っぱくなるので1週間くらいで飲み切るのがおすすめ。

発酵を止める方法は加熱なのですが、

加熱するとせっかくの甘酒効果が落ちますので飲み切れる量を作るのがおすすめです。

スポンサーリンク


粒々がが気になる人は、ミキサーなどでなめらかにしてもいいですよ。

私は、半分くらいミキサーにかけて、半分は粒々をのこしてます。

今は冷たい水や牛乳でうすめて飲んでいますが、

寒い時期やクーラーで冷えた時には、電子レンジでチンして温めてどうぞ。

ちなみに、牛乳で薄めるのが、うちの家族のお気に入りです。


かきまぜた時に味見をしすぎたからなのか、(味見の時からおいしかった)

できあがった甘酒は、この容器にぴったり入りました。

甘酒のみかたいろいろ

牛乳や豆乳でわると飲みやすくなります。

ミキサーなどで粒々をなめらかにしておくと余計飲みやすいです。

他には

薄めた中に少しカルピスを加える。

薄めた中に、粉末のコーヒーやココアを加える。

同量の甘酒とオレンジジュース(果汁100%)をまぜる。(他のジュースでも)

ヨーグルトの中に入れたら、甘みもありおいしくなります。

まとめ

免疫力アップし疲労回復をサポートする甘酒は、

夏の時期にも冬にもぴったりの飲み物(食べ物?)ですね

甘酒を手作りして、我が家だけのおいしい飲み方をみつけてみませんか。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

-レシピ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

goya

ゴーヤレシピ 簡単つくりおき

夏も終わりかけなのに、うちの家庭菜園で、次々とできるゴーヤ。 ありがたいことなんですけど、佃煮は、ちょっと食べ飽きたかな~~って感じ。 ということで、いろいろと他のゴーヤレシピを試してみました。 簡単 …

makomodake

マコモダケって何?栄養効能は?下処理の方法や食べ方

昨日道の駅で、まこもだけを発見。 もうそんな時期なんだな~私は思いましたが 「まこもだけ? キノコの一種? どうやって食べるの?」 と疑問に思う方が多いと思います。 まこもだけってどんなものか、どうや …

ume

すぐ飲める子供もよろこぶ梅ジュース(梅シロップ) 残った梅の利用法

梅の季節、うちでは毎年、梅ジュース(梅シロップ)梅干しをつくります。 そのままの青梅では毒になる梅ですが、 殺菌、解毒、疲労回復、老化予防などの効果のある梅を使わないのはもったいない。 子供もよろこぶ …

yakiimo

さつまいも レンジで簡単時短やきいも 保存の方法

秋の味覚といえば、さんま、栗、まつたけ(私の口にははいりませんが) そして、さつまいも。おいしいですよね。 保育園、幼稚園などでも「芋ほり」があって持って帰ってくるご家庭も多いと思いますが それを焼き …

nukazuke

ぬか漬けはじめました ぬか漬けにおすすめ野菜

先日、友人が「スーパーでお漬物買ってたけど一人暮らしになっちゃったから、 なかなかなくならないので捨てちゃったりするのでもったいないし、 自分でつけようかなと思ってるの。」と話してるのを聞いて うちも …