おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

おでかけ

2018年出雲大社神在祭の日程と内容 

投稿日:2018年6月5日 更新日:

izumoooyasiro

旧暦の10月、全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に

お出かけになり留守になることから「神無月」といわれます。

そして神々が集う出雲地方では「神在月」とよばれます。

旧暦の10月10日にの夜、出雲大社の西の稲佐の浜での「神迎祭(かみむかえさい)」、

旧暦10月11日から17日に全国の神々をお見送りする「神等去出祭(からさでさい)」まで7日間

「神在祭(かみありさい)」がおこなわれます。

この1週間は神々にご神縁を結んでいただきたいと、たくさんの人が参拝されます。

この出雲大社の神在祭についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

平成30年出雲大社神在祭日程 神迎え神事 神迎祭内容

平成30年の旧暦の10月10日から10月17日は

平成30年(西暦2018年)11月17日(土)~11月24日(土)です。

11/17(土)神迎神事 (稲佐の浜)  午後7時
      神迎祭  (神楽殿)

出雲大社の西約1kmにある稲佐の浜で、神々をお迎えする神迎神事(かみむかえしんじ)が行われます。

午後7時、浜で御神火が焚かれ、注連縄が張り巡らされた斎場の中に神籬(ひもろぎ)が2本、

傍らに神々の先導役となる龍蛇神が海に向かって配置されます。

神事が終わると、神籬は両側を絹垣で覆われ浜から出雲大社へ、参列者もこれについて歩きます。

この後、出雲大社神楽殿において「神迎祭」が執り行われます。

これが終わると、神々は旅(宿)社である東西の十九社に鎮まられます。

平成30年出雲大社神在祭日程と内容

平成30年11/28(火) 神在祭     午前9時  (御本殿)
   
           龍蛇神講大祭  午前11時 (神楽殿) 

神在祭

大国主大神さまと八百万の神さまのための「神在祭」が執り行われます。

正式な参列は招待状が来た方のみですが、一般の方もお祭りを見守ることはできます。

龍蛇神講大祭

八百万の神々を稲佐の浜に先導されるのが龍蛇神であると言われ、

「龍蛇さま」は水難火難から守る神、豊作豊漁、商売繁盛の神として信仰されてきました。

その龍蛇さまを信仰する人達の集まりが龍蛇神講です。

龍蛇神講大祭はその講員の人のためのお祭りです。

平成30年11/22日 神在祭・縁結大祭 午前10時 (御本殿)

縁結大祭 

神在祭に併せて行われます。

大国主大神をはじめ、全国の八百万の神々に人々の幸縁結びを祈る祝詞が奏上されます。

縁結大祭の参列には、事前に往復ハガキでの申し込みが必要になります。。

縁結大祭申し込みについては、出雲大社ホームページにて、だいたい1ヶ月~2ヶ月前くらいに案内が出ます。

去年は、9月に案内がありました。

出雲大社ホームページ http://www.izumooyashiro.or.jp/

当日、受付で申込者には「幸縁むすび祈念絵馬」が渡されますので、

願意を記入し、お祭りの間奉持して祈念します。

受付をして絵馬を書く時間が必要ですので、時間に余裕をもって早めにいらっしゃってください。

平成30年24日 神在祭・縁結大祭 午前10時(御本殿)

平成30年24日  神等去出祭  午後4時

神等去出祭(からさでさい) 

神在祭の最後にお仕えされるのが神等去出祭です。

午後四時、十九社にお泊まりの八百万の神々の神籬が、

また絹垣に囲まれて拝殿まで進み、中へと入られます。

神等去出祭はいつもはご祈願などが行われる拝殿で行われます。

拝殿の祭壇に2本の神籬、龍蛇、餅が供えられ祝詞が奏上されます。

その後、神官が本殿楼門に向かい門の扉を三度叩きつつ「お立ち~、お立ち~」と唱えます。

この瞬間に神々は神籬を離れ出雲大社を去られます。

毎年11月23日に行われる献穀祭、古伝新嘗祭が、神在祭の時期と今年は重なります。


スポンサーリンク

上宮に参拝しましょう

神在祭の1週間、大国主大神と八百万の神々が会議をされるのは、

境内の外にある出雲大社摂社の「上宮」(かみのみや)です。

上宮は出雲大社より西、稲佐の浜の方向へ進み、歩いて15分弱です。

海が見えだしたくらいのところで右の細い道に入ります。

「大歳社」というこれも出雲大社の摂社で小さいお社ですが、これが目印になります。

神在祭期間中、出雲大社の授与所(お札やお守りをお渡しする)では神在祭の日程などを説明した紙がいただけます。

会議所である上宮や、神迎えの道なども記されています。神在祭初めての方はぜひ授与所で頂きましょう。




参拝できる時間

11月~2月は午前6時30分~午後8時(3月~10月は午前6時~午後8時)

御守授与所で御神札などの御守、縁起物を受けられます。

御祈祷のおまつりをお申し込みの場合、受付時間は午前8時30分~午後4時30


神在祭の期間の土日祝日は混雑しますので、朝の時間の参拝をおすすめします。

朝のすがすがしい凛とした空気の中での参拝は、おごそかな雰囲気を感じられるでしょう。


出雲大社ホームページ http://www.izumooyashiro.or.jp/


国内&海外ホテル予約『トリバゴ』



きっと、神在祭で「目には見えないもの、神様の存在」を感じることができると思います。

よいご縁がありますように。



最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

-おでかけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おすすめかけ流し日帰り温泉スポット3選 島根 癒されてください 

島根県にはたくさんの温泉があり、かけ流しでも500円前後で利用できる日帰り温泉もたくさんできています。 スポンサーリンク 私がいままで行ったなかで、お気に入り、いやされた温泉を紹介したいと思います。 …

ホタルの見られるスポットと時期 島根県西部 5選

豊かな自然が多くのこる島根 島根県西部には、 蛍のみられるスポットがたくさんあります。 たくさんの蛍かが見られるスポットと時期を紹介しますね。 スポンサーリンク 関連

おすすめお花見スポット 島根県東部

東京では桜の開花宣言がでましたね。 いよいよ桜の季節、わくわくしてる人もたくさんいることでしょう。 今年はどこにお花見にいこうかな、と考えるだけで楽しくなりますね。 私のおすすめスポットを紹介します。 …

hotaru

2018年ホタルイベント 蛍まつり 蛍見バス 島根 

「蛍がとびはじめた」とあちこちで聞かれるようになる5月下旬。 そのころから6月かけては、蛍の飛ぶスポットでは、いろいろなイベントや ほたる鑑賞のバスも運行されます。ほたる祭りや、ほたる観バスを紹介しま …

ajisai

6月に咲く花 名所めぐり 紫陽花 しょうぶかきつばた ポピー 山陰

しとしとと雨が続く梅雨、うっとおしくて何もしたくなくなりますよね。 そんな時期ならではの美しく咲く花があります。 梅雨を忘れさせてくれるお花を見にでかけませんか。 スポンサーリンク 関連