おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

園芸

一度使った野菜を水につけて再生「リボベジ」楽しくエコに節約にも

投稿日:

料理に使った根っこやヘタ、そのまま生ごみで捨ててませんか?

捨てるのもったいない、

ゴミも減らせてもう一度料理に使えて節約にもなる「リボベジ」はじめませんか。

「リボベジ」 リボーンベジタブル 再生野菜のことをいいます。

水につけるだけと簡単なリボベジを紹介します。

スポンサーリンク
 

リボベジにむいてる野菜

豆苗など根っこから育てるもの

一番簡単で、すでにやって人が多いのではないでしょうか。
パッケージにも書いてありますものね。
根っこから2~3㎝のところでカットして、根だけが浸るくらいの水をいれます。
一週間くらいで食べられます。
私、その後もう一回再生したことがあります、予想よりできましたよ。

他には、水菜、小松菜、ネギ、三つ葉など

スポンサーリンク

ニンジンなどヘタを残すもの

ヘタの部分を2㎝くらい残して切り、水につけます。
かわいい葉が出てきます。
天ぷらがおいしいです。

他には大根、カブ

キャベツなど芯からのもの

芯を残して水につけます。
そのまま水だけで栽培でもいいですが、土に植えると大きくなるようです。

他には、レタス、サニーレタスなど

リボベジのコツと注意点

・根本を残して切る(種類によって違いますが3から5㎝くらい)
 残った野菜の養分にするため。

・浅い容器に水をいれて育てるときに、葉がはえる部分は水につけない。腐りやすくなります。

・できれば毎日水を替えて、容器も一緒に洗いましょう。

・窓際やベランダなで光が入る明るい場所に置きましょう。

・夏場は、直射日光をさけ涼しいところに置きましょう。

・菌の繁殖に注意して、カビがはえたら捨てましょう。
 

まとめ

簡単にできるリボベジ、おしゃれでかわいいグラスやお皿に入れたら

かわいいインテリアにもなります。

お子さんも、一日一日育っていく野菜を見て

好きじゃなかった野菜も喜んで食べてくれるようになるかもしれませんね。

短期間でできるので、夏休みの自由研究にもおすすめです。

スポンサーリンク

-園芸
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018 家庭菜園 夏野菜の反省 

今年の夏は、本当に暑くて、雨も降らず、台風も次々と発生して大変な年でした。 ってまだ終わってないですけどね。梅雨は極端に雨続きで豪雨だったし。 この夏の野菜は、そのせいと私のナマケモノのせいかな?で …

jagaimo

じゃがいもの浅植えマルチ栽培 じゃがいも収穫 他の夏野菜

3月21日に種イモを植えてから、約3ヶ月、花もほぼ終わってた先週 ちょっと黒マルチをはずしてのぞいてみたところ、大きいおいももできていたので、 梅雨の晴れ間が続く先日、浅植えマルチ栽培での初収穫しまし …

jagaimo

最近の家庭菜園 6/24 小玉西瓜受粉成功♪ じゃがいも収穫

スポンサーリンク 梅雨にはいったのに、ほとんど雨がふらず いんげんまめの種まきをしたので、水やりに通う毎日。 そのかいあって芽がでました。 スポンサーリンク

sikuramen

シクラメンの選び方 長く花を咲かせる育て方

スポンサーリンク これからの時期、綺麗なシクラメンの鉢植がでてきますね。 でも、花が咲かなくなったり、黄色くなって枯れていったりと なかなかうまく育てられなかったすることも多いですよね。 シクラメンの …

母の日鉢植えのカーネーションつぼみが咲かない。どうしたら咲くの?

母の日に贈られたカーネーション。 たくさんのつぼみがついて、たくさん花を咲かせると思っていたら そのままかれてしまうってことよくありますよね。 大切な人にもらった花は一日でも長く咲かせたいですよね。 …