おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

園芸

一度使った野菜を水につけて再生「リボベジ」楽しくエコに節約にも

投稿日:

料理に使った根っこやヘタ、そのまま生ごみで捨ててませんか?

捨てるのもったいない、

ゴミも減らせてもう一度料理に使えて節約にもなる「リボベジ」はじめませんか。

「リボベジ」 リボーンベジタブル 再生野菜のことをいいます。

水につけるだけと簡単なリボベジを紹介します。

スポンサーリンク
 

リボベジにむいてる野菜

豆苗など根っこから育てるもの

一番簡単で、すでにやって人が多いのではないでしょうか。
パッケージにも書いてありますものね。
根っこから2~3㎝のところでカットして、根だけが浸るくらいの水をいれます。
一週間くらいで食べられます。
私、その後もう一回再生したことがあります、予想よりできましたよ。

他には、水菜、小松菜、ネギ、三つ葉など

スポンサーリンク

ニンジンなどヘタを残すもの

ヘタの部分を2㎝くらい残して切り、水につけます。
かわいい葉が出てきます。
天ぷらがおいしいです。

他には大根、カブ

キャベツなど芯からのもの

芯を残して水につけます。
そのまま水だけで栽培でもいいですが、土に植えると大きくなるようです。

他には、レタス、サニーレタスなど

リボベジのコツと注意点

・根本を残して切る(種類によって違いますが3から5㎝くらい)
 残った野菜の養分にするため。

・浅い容器に水をいれて育てるときに、葉がはえる部分は水につけない。腐りやすくなります。

・できれば毎日水を替えて、容器も一緒に洗いましょう。

・窓際やベランダなで光が入る明るい場所に置きましょう。

・夏場は、直射日光をさけ涼しいところに置きましょう。

・菌の繁殖に注意して、カビがはえたら捨てましょう。
 

まとめ

簡単にできるリボベジ、おしゃれでかわいいグラスやお皿に入れたら

かわいいインテリアにもなります。

お子さんも、一日一日育っていく野菜を見て

好きじゃなかった野菜も喜んで食べてくれるようになるかもしれませんね。

短期間でできるので、夏休みの自由研究にもおすすめです。

スポンサーリンク

-園芸
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

簡単に育てられてお料理に使えるハーブ 作ってみませんか

お料理のレシピにハーブ類があるものがありますよね。 スポンサーリンク スーパーで買うと、一回で使い切れない量だし、お値段も安くないからどうしよう? と悩むことはありませんか? そんな時、苗を買って育て …

ベランダ菜園 育てやすい夏野菜 ミニトマト なす ピーマン

スポンサーリンク 夏野菜の苗がホームセンターや園芸やさんにたくさんでてきましたね。 ベランダで育てたいなと思ってる方も多いのではないでしょうか。 育てやすく、お料理に使いやすい野菜を紹介しますね。 今 …

ラベンダー 収穫時期は? ドライフラワー作り方 ステック作り方

お庭のラベンダー、 ラベンダー畑の摘み取りをして持ってかえったきたラベンダー ドライフラワーにして、香りをずっと楽しみませんか。 ドライフラワーにするための収穫時期、ドライフラワーの作り方、 ラベンダ …

夏野菜の苗の植え付け 

スポンサーリンク 市民農園を借りてる私のゴールデンウィークの恒例行事は、夏野菜の苗植えです。 今年も、昨日第一弾植えてきました。ミニトマト2本、長ナス3本、ジャンボピーマン2本。 去年は普通のピーマン …

jagaimo

じゃがいもの浅植えマルチ栽培 2週間目

じゃがいもを植えて2週間、そろそろ芽が出て 黒マルチを押し上げてるかなと思いましたが、こんな状態です。 他の野菜の様子もあわせて。 スポンサーリンク