おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

おでかけ

蛍 どこで見られる?時期はいつ? 島根松江のスポットと時期を紹介

投稿日:2017年5月21日 更新日:

hotaru

例年5月の終わりごろから、「蛍を見たよ」と聞くようになります。

たくさん飛ぶようになるのは、6月初旬から中旬。

幻想的な蛍の光に癒されにいきませんか?

松江市の蛍のスポットを紹介します。

いずれも蛍の見られる時間帯は、20時以降から少しずつ出てきます。

20度以上の湿度が高く風のない日に多く飛ぶようです。

スポンサーリンク
  

八雲町

町内には、きれいな川が流れているので、わりとあちこちで見られるのですが

行きやすいところで 熊野大社のあたり、駐車場、トイレもあるので便利です。

神社の前の川を上流方向が多いようです。

20年くらい前には、乱舞という言葉があうくらいたくさんの蛍が飛んでいましたが

最近は少なくなってきているようです。

志多備神社のスダジイの駐車場前の川 こちらも駐車場にトイレがあります。

玉造大谷地区

玉造温泉街を流れる川の上流になります。

地区の方々が整備して、蛍のスポットとして最近有名になってきました。

玉造温泉から大東方面へ車で約10分くらいの大谷小学校付近で蛍が見られます。

道が狭いですので注意が必要です。

私たちが行った時には、地元の方が駐車場の案内をしてくださってスムーズに駐車できました。

玉造温泉のお泊りのお客さんには、温泉街のゆーゆから蛍見の「とんじょバス」が出ています。

期間は、蛍の飛ぶ時期にあわせて、毎年変わります。


わかりにくいですが、小さな橋の周辺で見られます。

法吉町 白鹿ホタルの里公園

自然観察のコースが整備され、ゲンジボタル・ヘイケボタル・ヒメボタルが観察できます。

ホタルの里公園周辺は、住宅地も近く周囲に迷惑がかからないようにお願いします。

スポンサーリンク

まとめ

梅雨の間の一瞬、ゆらゆらと光に癒されてくださいね。

ただ、蛍の飛ぶところは、水辺、草や森があるところなので

虫やへびなどがでることもあります。

その対策もお忘れなく。

こちらもどうぞ

蛍がみられるスポットと時期 鳥取県西部3選

スポンサーリンク

-おでかけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

higanbana

彼岸花のスポット 山陰 島根鳥取

郊外を車で走っていると、田んぼのあちこちで彼岸花を見かけるようになりましたね。 彼岸花の名のとおり、彼岸の頃に花を咲かせるんですよね。 島根県鳥取県の彼岸花の名所を紹介します。 スポンサーリンク

akihanabi

2019年秋の花火大会 デートにもおすすめ 中国地方 

花火といえば夏のイメージですが、秋にも花火があがるところがあるんです。 秋の澄んだ夜空に鮮やかな花火、 夏とはまた違った風情があっていいですよね。 肌寒い季節なので、手をつないでのデートってのもいいで …

ruuzugataki

子供と水遊び カヌーも楽しめる川 マイナスイオンたっぷりの滝

川遊びは楽しいものですよね、 小さいお子さんから遊べて、カヌーまで楽しめる川と、 マイナスイオンたっぷりで、駐車場から遊歩道で行けちゃう滝を紹介します。 スポンサーリンク

chikumi

きれいでおすすめの穴場海水浴場 島根県

島根県内には、水質がよくきれいなビーチがたくさんあって、 人気のビーチにはたくさんの人が訪れます。 (とはいっても、都会の海と比べると人は少ないですが) 人気ビーチほど混雑もしない、でも海はきれいとい …

yamamise

新店舗になったうなぎ処山美世でうなぎをたべてきました

先日、娘から「ちょっと早いけど、母の日ということで山美世にうなぎ食べに行こうか」と 誘われて行ってきました。 今年の3月に大根島から江島へ移転してきれいに広いお店になってます。 以前の大根島のお店は、 …