おちらといこう

「おちらと」は、私の住む地方の言葉で「ゆっくり」とか「気楽」にという意味です。日々のことをおちらと綴っていきたいと思っています。

生活

赤ちゃんの虫よけ対策 子供や肌の弱い人にもおすすめ イカリジン

投稿日:

ka

夏、おまつりやアウトドア、

赤ちゃんにもいろいろな楽しいところに連れてってあげたい季節ですよね。

でも、外で心配なこと「虫刺され」ですね。

最近は、デング熱やジカウイルスを媒介する蚊も心配ですし、

赤ちゃんが蚊に刺されるととびひや水ぶくれなどの重症になってしまうことも。

しっかり虫よけ対策をしてあげて赤ちゃんを守ってあげましょう。

赤ちゃんにも安心して使える虫よけを紹介します

スポンサーリンク
  

ディートが入ってる虫よけは使わないで

虫よけで、ディートという成分が入ってるものがありますが

このディート、生後6ヵ月未満の赤ちゃんには使えません。

生後6ヵ月~2歳未満の赤ちゃんなら1日1回の使用までにとどめ、

2歳~12歳未満の乳幼児でも1日3回までが望ましいとされています。

顔には使わない。

この注意書を見た方も多いと思います。

私も、孫の虫よけに使おうと、いつも使っている虫よけを見たら

書いてあって、使えないわと思った記憶があります。

なにを使えばいいんだろう?とも思いました。

スポンサーリンク

新しい虫よけ剤イカリジン

イカリジンは、ディートに代わる虫よけ剤として1980年代にドイツで開発され、

50カ国以上で虫よけ剤としてすでに使用され

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)も推奨している成分です。

日本国内では、2015年3月に承認され、2016年製品が初めて発売になりました。

イカリジンのよいところは

小児の使用制限がないので、赤ちゃんから大人まで使える

肌にやさしいので、今までディートの虫よけが肌に合わなかった人でも使える

繊維や樹脂を傷めないので、衣類の上からでも使用可能

臭いがない

ディートより劣るところは
 
 イカリジンの効果が認められるのは、蚊やブヨ、アブ、マダニの4種類だけで、

 ディートでは虫よけ効果が認められたノミやイエダニ、トコジラミ、サシバエには効果が確認されていません。

ディートかイカリジンか見分けるのは成分のところで確認できます。

今まで、アロマ系の選択肢しかなかった6ヶ月までの赤ちゃんにとっては

イカリジンも選択できるようになったのは、朗報ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天使のスキンベープミスト プレミアム 60ml【楽天24】
価格:696円(税込、送料別) (2017/6/3時点)

まとめ

赤ちゃんにもやさしい虫よけイカリジンですが

できるだけ虫のいそうな草むらにはできるだけ近づかない、

蚊が好きな黒い色ではなく、なるべく明るい色の服を着る、

露出を少なくするなど、他の虫よけもあわせて対策して

楽しい夏をすごしてくださいね。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

yukimiti

雪道や凍結路の歩き方 滑らないコツ 滑りやすい危険個所 便利グッズ

この季節、強い寒気で、いつもはあまり雪の積もらない地方でも 積雪することがありますよね。 慣れない雪道や凍結した道の歩き方や滑らないコツ 危険な箇所、あると便利なグッズなど紹介します。 スポンサーリン …

siinomi

椎の実の食べ方 椎の実と食べられないドングリの見分け方 

まつぼっくりでクリスマスツリーを作ろうと、 まつぼっくりを拾いに公園に行ったら、思いがけず椎の実を見つけ拾ってきました。 最近は、椎の実を食べる人も少なくなってきましたよね、 椎の実の食べ方、椎の実と …

hiyakeedome

日やけ止めのSPFとPAって何? どう選んだらいいの?

暖かくなりお天気もよくなると、レジャーなどおでかけの機会が増える時期。 日焼け対策が必要になってきますよね。いざ日やけ止めを買おうとすると SPF30 SPF50とかPA+ PA++とか書いてあるんだ …

satsumaimo

さつまいも おすすめいもほり農園 掘ったおいもの保存方法

秋にできるさつまいも、自分で掘って収穫してみませんか。 砂遊び大好きなお子さんは、大喜びしちゃうと思いますよ。 自分で掘ったおいもは、格別においしいことでしょう。 スポンサーリンク

hosiyasai

干し野菜の作り方と保存方法や期間、作るのに適した季節失敗しないために

冷蔵庫に残った野菜ありませんか? 料理に使う予定がなくって、そのままになって腐ったりさせると、 もったいないですよね。そんな時には、干し野菜を作ってみませんか。 節約にもなるし、干すと旨味と栄養が凝縮 …